現場レポート

山陰の女性をキレイにしたい
明確な目標で
毎日充実

第44期 美容科卒業

河野直子さん

たしろ米子 スタイリスト

ホイルワークコンテスト
中四国大会2連続出場
2006 準優勝
2007 優勝

>>> やりがい

スタイリストになる前から感じていたことですが、人の美しさは内面からにじみでるものではないかと。お客様の内にあるものが引き出されて、キレイになって喜んでらっしゃる姿に出会うと嬉しくなってきます。スタイリストは、数時間という限られた時間でお客様とともに「人の美」という作品をつくります。その結果も目に見えて出ますから、究極のデザイナーだと思いますね。現在は後輩を指導する立場。基礎に立ち返りながら新たな気付きや発見の連続で、勉強にもなりますよ。美容の世界はやればやるほど奥深さが身に染みてきますよ。

>>> 大切にしていること

人それぞれが持つ美しさ、年齢を重ねることで生まれる美しさ。女性らしさ。その人だから美しく輝けるものをナチュラルに引き出して差し上げたいですし、美しくなることで、お客様の内面がケアされればと思っています。そのためには、自分自身も磨かなければなりません。五感を通じて得るもの、人から学ぶもの、全てが私の糧。現在、カラーチームのメンバーとして、県外の一流の方々と交流を深める機会が増え、影響を受けています。山陰の女性をキレイにしたいという明確な目標もできました。今、レベルアップに夢中です。


内側からのケアも心がけて

スタイリッシュな空間に
漂う上質感

美容道具の整理整頓は
仕事の基本
ページトップへ